menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 所有効果
  2. 「学校と相場との違い」
  3. ファンダメンタルズは『潮の満ち引き』
  4. デイトレーダーはなぜ板を見るのか?
  5. 追認バイアス
  6. テクニカルと勘
  7. 職業トレーダーの人達
  8. 行動ファイナンスって何
  9. 「豊洲の盛り土問題」
  10. 二つの心
閉じる

【お金の学校】みんなの投資スクール

「トランプ氏の収入と納税」 

MKA62170

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

 

不動です。

久しぶりにほぼプライベートの観光で
大阪、京都に行ってきました。

どこもかしこも中国人観光客で
溢れかえっていました。

アベノミクスの政策の一つは
海外から観光客を呼び込む
=インバウンドです。

少なくとも京都を見る限りでは
成功しているようです。

京都ではビジネスホテルの宿泊料金の
相場が倍になった所が珍しくありません。

さて、
米共和党の大統領候補、
ドナルド・トランプ氏は、

最大18年間にわたり連邦所得税を
支払っていなかった可能性があると
今月初めにニューヨークタイムズが報じましたね。

日本の各紙は、その記事を
紹介する形で報道しています。

トランプ氏は過去のホテルなどの
事業破綻で巨額損失を申告し、
その後毎年5千万ドル以上の
税額控除を受けていたということらしい。

通常ならば、大統領候補は
確定申告書を提出します。

所が、トランプ氏は、「当局の監査中」とか
言い訳をして引き伸ばしてきました。

所得税を払っていなかったのは、
脱税では無く、報道を信じる限りは
合法的な節税です。

トランプ氏は、連邦所得税は殆ど
払っていなかったものの固定資産税や
地方税などかなりの額の税金は払ってきたようです。

これまでは、トランプ氏は、
「俺のような富豪の税金を重くする代わりに、
平均的な収入の人達の税金を下げる」
と公言し、支持を受けてきました。

アメリカでは、脱税した人に対する
社会的な制裁が厳しいです。

脱税というのは、多くの人が払ってきた
税金をこっそりと盗むに等しいと見做されます。

トランプ氏は合法的に節税していたのでしょうが、
それを隠していた事が問題です。

合法ならば、それを堂々と明るみに
出せば良かったのです。

トランプ氏が税金の件で嘘をついていたとは
言い切れませんが、公表する時期を出来るだけ
遅らせようとしたことはほぼ間違いないでしょう。

嘘ではないにせよ、公表を引き延ばすために
恍(とぼ)けていたのでしょうね。

トランプ氏のような複数の会社を
経営する富豪は税金、資産の管理を
税理士任せで全ては把握しなかった
可能性はありますね。

とはいえ、確定申告は
本人の責任の元に提出するので、
その内容をまったく知らなかった
ということは無いのではないかなあ。

これまでトランプ氏は、現在のアメリカの
政治、対立候補を鋭く批判してきました。

だからこそ、マスコミがトランプ氏を
好んで取り上げていたのですし、
大統領候補となったわけです。

他人を批判するからには自分の
正当性を主張するわけですよね。

今回の選挙では、双方ともあまりにも
対立候補の批判に終始していますね。

なんか情けない気分にさせられます。

ともあれ、ヒラリー氏が一段と
有利になってきました。

次のテレビ討論会に注目しましょう。

 

不動修太郎

関連記事

  1. MKA62170

    注目の「日米の経済ニュース」

  2. pro3

    【Video】先週金曜日のアメリカ雇用統計と今週のFXの動きを解…

  3. 伊藤さん写真

    今年、円高へ仕掛けていることとは何なのか?

  4. MKA62170

    知ってますか?雇用統計の予想の出し方。

  5. MKA62170

    米大統領候補のテレビ討論会は見ましたか?

  6. MKA62170

    テクニカルと勘

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メールマガジン登録フォーム
メールマガジン登録フォーム

※お名前(姓)をご入力ください。
※普段ご使用のメールアドレスをご入力ください。




05 06

みんなの投資スクールFacebookページ開設しました!

株式投資、FXトレードで役立つ情報をはじめ、当スクール最新情報、セミナーのレポートなどあなたのタイムラインにお届けします!
「いいね!」はこちらから

ページ上部へ戻る